健康食品







健康食品・飲料水市場と安全性

                                                                                                                                                                             














健康食品情報ページ

TOP 清涼飲料水
サイトマップ
管理人の体験 
サイトメニュー
ダイエットに関するページこちらから
 肥満による危険性!!!
 便秘は病気の因子となるので注意!
 ガン治療に明るいニュース
 プチ更年期って?
 高血圧による病気予防にお役立ち
 費用を少なく安全に痩せたい!
 生活習慣病!原因の80%以上は?
 生活習慣病の原因
 食べ物と長生きの関係
 水道水・地下水(井戸水)汚染の現状
 水道水・地下水の汚染及び水質基準
 性病・若い世代に増加の危険
 還元水の威力
 水に関する嬉しいニュース
 よい還元水の条件
 水素水豊富がよい還元水
 活性水素水
 健康食品・飲料水市場と安全性
 アスベスト吸引が原因の癌
 環境により健康も左右される現実
 糖尿病の患者数と合併症の可能性
 やせすぎ女性危うい
 肥満病とダイエット過熱
 国民医療費 連続増加の実態
 認知症支援情報
 病院の重要掲示義務
 仕事・学校休まず通院・抗がん剤治療
親の介護アンケート・年金受給節税対策
 井戸水から発ガン性物質検出
 病気の誘引・原因・予防
 健康食品はよく選んで
 C型肝炎90%感染?
 コレステロール不足の危険性
 肥満から高脂血症への道
 脳卒中予防への効果
 痛風・急性膵炎・脂肪肝に注意の人
 改善体験
 C型肝炎・喘息 /糖尿病・その他
ガン・高血圧改善体験
 還元水・改善ニュース・テレビ放映他

 
アメリカでは、すでに数十年前にマクガバンレポートにより現在の病気の原因は食源病と位置付け
 をしているため各家庭には、食卓には個人別にそれぞれの健康食品が置かれているそうです。

 現在の食品では本来の栄養が摂れないため健康食品を使用している人が多いのです。
 ここ数年前から日本でも健康食品を使用される方が年々増えており、売り上げも急増してます。

   

 民間調査会社によると、2005年市場規模は約2兆7千億円で、国民の2人に1人が摂取している。
 しかし、人気の一方で、疲労回復やダイエット、ガン抑制などの効能をうたい、消費者の過度の

 期待につけ込む虚偽・誇大広告が目立つとの指摘もある。と、記されております。
 この規制に付いてもアメリカと日本とでは大きな違いがあるようです。

 薬についても健康食品でも日本での基準とは大きく違うものが多いのが現実という人も
 いらっしゃいますね。
 
 
 
 
 
 アメリカFDAでは検査基準で一番優先するは基本的に安全性と言われています。
 アスベストの問題についてもアメリカなどは対応が早くアスベストによる死亡者の
 
 ピークは2006年あたりと云われておりますが、日本は規制の時期に付いても大変遅く
 なりましたのでアスベストによる死亡者のピークは2025年頃との事です。

 目日見えない有害物質、目に見えない体の中ですので十分に気をつけなければなりませんね。
 体を良くする為に摂取するのですから・・・21世紀は自由と自己責任の時代と云われてますので

 出来るだけご自分で学び正しい健康維持に努めて下さいます様に。

 

 高齢化社会に向け健康に関する製品が右肩上がりで成長しております産業のひとつに
 水産業も急成長しております。

 近年では、ほとんどの方が 「体の約70%は水分だから水は大事」と、自覚されているようですね。
 しかし、最近 「ダイオキシン等による環境汚染や工場からの排水により地下水が危険」 とか、

 「今、水道水が危ない」等の、本や新聞、週刊誌などの記事が大変目立ち、多くの方が
 普通の水道水や井戸水は体に良くないからと 「自然の水を1週間に一度くらい湧き水を他県まで
 汲みに行ってる」と、云う方も大変多いと聞いてます。
 
                                    
 
 また、コンビニやスーパーなどでペットボトル入りのミネラルウォーター、アルカリイオン水等と
 記されている物を買われる方も驚くほど大勢いらっしゃます。
 
 そこで各メーカーさんやコンビニ、スパーなどでは、それぞれの特徴をだし、国産・輸入合わせて
 10種類以上のミネラルウォーターを販売しているお店や、家庭の日常用に軟水を主とするお店、
 ダイエットに硬水を、などと様々な販売手法を持ちえております。
 

 
 今後人気が広がりそうと云われているのが 「発砲水」 のようですね。
 現在では、国内の販売数量の1%程度だが2010年ごろには販売量が倍増する見通しと
 されている。

 日本ミネラルウォーター協会の調べによると、2005年の国民一人当たりの年間消費量は14.4gで
 前年比13.4%増加し、10年前に比べると3倍弱に増えた。

 従って、各メーカーさんは増産はもちろん、その増産の量も増やし、その上前倒しで増産するという
 力の入れようである。
     
 
 そこに目をつけたスーパー等では 「アルカリイオン水無料で」 とか、「容器をお買い上げの方は
 イオン水を無料で」等の集客力アップに繋げる所が多くなってます。
 
 それ程、消費者の方が水に対する感覚が変わってきてる為、あるメーカーさんでは10数億という
 資金を投入してペットボトル水を生産する工場を建設し、1兆円を超える産業に成長してます。
  
 
 それでも、日本は諸外国に比べますと、まだアルカリイオン水やミネラルウォーターなどを
 購入して飲用している数は非常に少ないのです。

 大手企業がここまで投資して増産しているのには訳があり、諸外国がそうであれば数年の遅れは
 あるが必ず日本も今後は飲料人口が増える事は間違いないからである。


            
  

 
 
(注) ここで、私たち消費者が気を付けなければならない事は、「水は目で見ても真の良し悪しは
     分からない」 からである。
 
 誰もが知っている一流メーカーさんでも「飲料水にガンの誘発成分検出」と新聞に掲載
 されましたね。
 
 また、テレビCMを大々的に流している企業の製品に 「清涼飲料に発がん物質」 
 基準の7倍検出で、回収要請!などが経済新聞にまで掲載されました。

 目で見て分からなく、匂いをかいでも分からない、飲んだからといって直ぐに発症する訳でもない
 ものであるため、各メーカーさんには本当に安全で体に良い影響を与える製品をお願い致したく
 思います。

 このページをご覧頂いた方に少しでも参考になる事を願いますと共に、もしもメーカーさん関係者の
 方がご覧になり多少でも消費者の方々の安全を気に掛けて頂く事が出来ましたら幸いと存じます。

 
  健康食品の賢い情報活用術

  還元水の威力
 



 「PR」  幸せな結婚のために・・・ 内職の仕事情報 めちゃコミの運営会社について! 美美容と健康の温泉選び
TOP      
Copyright (C) http://www.fukuai.com All Rights Reserved