水道水と地下水



水道水・地下水の汚染の実態

水道水を知る






水道水情報ページ!

TOP 水道水・地下水(井戸水)の汚染
サイトマップ
管理人の体験 
サイトメニュー
ダイエットに関するページこちらから
 肥満による危険性!!!
 便秘は病気の因子となるので注意!
 ガン治療に明るいニュース
 プチ更年期って?
 高血圧による病気予防にお役立ち
 費用を少なく安全に痩せたい!
 生活習慣病!原因の80%以上は?
 生活習慣病の原因
 食べ物と長生きの関係
 水道水・地下水(井戸水)汚染の現状
 水道水・地下水の汚染及び水質基準
 性病・若い世代に増加の危険
 還元水の威力
 水に関する嬉しいニュース
 よい還元水の条件
 水素水豊富がよい還元水
 活性水素水
 健康食品・飲料水市場と安全性
 アスベスト吸引が原因の癌
 環境により健康も左右される現実
 糖尿病の患者数と合併症の可能性
 やせすぎ女性危うい
 肥満病とダイエット過熱
 国民医療費 連続増加の実態
 認知症支援情報
 病院の重要掲示義務
 仕事・学校休まず通院・抗がん剤治療
親の介護アンケート・年金受給節税対策
 井戸水から発ガン性物質検出
 病気の誘引・原因・予防
 健康食品はよく選んで
 C型肝炎90%感染?
 コレステロール不足の危険性
 肥満から高脂血症への道
 脳卒中予防への効果
 痛風・急性膵炎・脂肪肝に注意の人
 改善体験
 C型肝炎・喘息 /糖尿病・その他
ガン・高血圧改善体験
 還元水・改善ニュース・テレビ放映他

       


    
   ◆ノンフィクションライターの森功氏が週刊新潮に掲載された記事を抜粋◆

  中略ー海外旅行では飲料水に注意を払っても、日常、自宅で飲んでいる水道水には、
  ほとんどの人が何の不安も抱いていないだろう。が、実は、日本全国の水道管には、

  長年、発がん性物質を含む塗料が使われていた。
アスベスト同様、WHOの勧告を受けながら
  野放しにされてきた。

  中略ー「まぁ、住民も30年住んでいて腹痛を起こしたって聞いた事もないし、水質検査しても、
  有害かどうかなんて、中々分からないし環境ホルモンの問題も指摘されてきましたけど、

  あまり騒いでもね。だからそのままです」と、あるマンションの管理人。


  


   
★WHOの勧告を無視★

  中略ーアスベストは、その被害が欧米で問題になり始めた1970年代以来、日本でも
  旧労働省や旧厚生省などで対応を検討。だが、そのまま使われ続けてきた。

  一方、水道管の塗料については、84年に世界保健機関(WHO)が問題点を指摘。
  飲料水水質ガイドライン勧告の中で、コールタール系塗料について、使用すべきではない、
  としている。



     
★飲料水はミネラルウォーター。近頃、水道水を直接飲む人は珍しくなったが、それでも
     炊事には欠かせない。もし、それが「赤い水」や「青い水」だったらどうか。が、
     現に、そんな汚れた水がいたるところで流れ出ているのだ。ノンフィクションライター森功氏の
     「緊急レポート後編」は、「危ない水道水」を放置してきた現場とこの罪の徹底検証★
と題して、


      
  

   中略ー 大手ライニング業者2社が作成した「施工実績」の表に書かれたA判の分厚い資料だ。
   問題の発ガン性塗料を使って、水道管を塗装してきたライニング工法の施工現場が
   ここに記されている。

   それらの資料をめくると、施工物件がズラリと並んでいる。
   マンションや住宅、一流企業の施設などもあるが、官公庁や地方自治体の公舎も少なくない

   中でも気になるのは、病院や公立の小中学校である。
   小中学校の
水道から発ガン性塗料が溶け出し、それを子供たちが飲むーー。


   そう考えただけで、ゾッとする話ではないか。そこでいくつかの学校に尋ねてみた。が、
   水道管の内側に塗料が塗られていること自体を知らない。

   「そもそも、工事をやったとも聞いておりません。水道水については、毎朝、検査をしており
   安全だという認識です。それ以上はお答えできません」96年施工の神奈川県の公立小学校。

  以上。  とても大量のレポートですので
全部は紹介できず、ほんの一部ではありますが、実態は
        大変物々しい内容です。
   

   井戸水から発がん性物質検出

























 「PR」幸せな結婚のために・・・ 内職の仕事情報 まんが王国、携帯からの変更とスマホ機種変の注意点! 美容と健康の温泉選び
 
TOP      
Copyright (C) http://www.fukuai.com All Rights Reserved