肥満


肥満による危険性


肥満は様々な病気の因子となっているため要注意といわれている


≪HRK≫すらっと宣言!




楽天売れ筋No.1!デトックスサプリメント
                     

肥満と糖尿病の怖さは?

TOP ◆自覚症状が現われるのが遅いため治療を怠る◆
サイトマップ
管理人の体験 
サイトメニュー
ダイエットに関するページこちらから
 肥満による危険性!!!
 便秘は病気の因子となるので注意!
 ガン治療に明るいニュース
 プチ更年期って?
 高血圧による病気予防にお役立ち
 費用を少なく安全に痩せたい!
 生活習慣病!原因の80%以上は?
 生活習慣病の原因
 食べ物と長生きの関係
 水道水・地下水(井戸水)汚染の現状
 水道水・地下水の汚染及び水質基準
 性病・若い世代に増加の危険
 還元水の威力
 水に関する嬉しいニュース
 よい還元水の条件
 水素水豊富がよい還元水
 活性水素水
 健康食品・飲料水市場と安全性
 アスベスト吸引が原因の癌
 環境により健康も左右される現実
 糖尿病の患者数と合併症の可能性
 やせすぎ女性危うい
 肥満病とダイエット過熱
 国民医療費 連続増加の実態
 認知症支援情報
 病院の重要掲示義務
 仕事・学校休まず通院・抗がん剤治療
親の介護アンケート・年金受給節税対策
 井戸水から発ガン性物質検出
 病気の誘引・原因・予防
 健康食品はよく選んで
 C型肝炎90%感染?
 コレステロール不足の危険性
 肥満から高脂血症への道
 脳卒中予防への効果
 痛風・急性膵炎・脂肪肝に注意の人
 改善体験
 C型肝炎・喘息 /糖尿病・その他
ガン・高血圧改善体験
 還元水・改善ニュース・テレビ放映他

 ◆肥満、糖尿病、高血圧、などは大変危険な病気を引き起こす因子になっているのですが、
   最初のうちは痛くも痒くも、ないですね。

  
この自覚症状のないことがとっても怖い事(サイレンとキラー)と、言われてる。

  
  この事を真剣に捉えて頂ける事を真に願い、手遅れになり長期治療(長期に渡る薬の服用は
  目に見えない副作用)の道に入る事のないようにのお役に立てればと思っております。
    
  
  どなたも
「今、胸の辺りの血管が詰まっているので、ちょっと待って下さい・・・とか、
  今、頭の右側の血管が詰まっているから」
と、分かる人はいないのではないでしょうか?
  
 
  死因がガンに次ぐ、心筋梗塞、脳梗塞やその他の色々な病気を引き起こす原因となる、
  高脂血症については、特に多目に掲載させて頂いております。

  
  患者さん本意で、儲からない病院経営をされている院長先生がいらっしゃる一方、
  「そんな治療法は知らなかった」と、テレビでおっしゃる医師も事実いらっしゃるのです。
  
  毎日の仕事が忙しいため勉強する時間が無いからだそうです。


  よく考えて頂きたい、一番大切なことは「出来る限り病気にならない」努力をされた方が、
  自分自身も、周囲の方々にも、気苦労や迷惑を掛けないことにつながるという事です。
  

  管理人は、病気にかかると自分だけの問題ではない大変さを長期間体験してしまいましたので、
  このサイトをご覧頂いた方は、「この事を実感」して頂きたく心から願います。
    

   
  
  また、参考にですが、女性の癌の一番多いのが乳癌と云われてますね。
  30人に一人の方が乳癌とのことですが、こちらも早期発見で治療に入れば全く問題なく

  
  切除の必要もなく改善できるそうです。
(医師、病院によっては切除を薦める所もあり注意!よく調べましょう)
  しかし、放っておいたらどうなるでしょうか? 癌という病気もそうですが自覚症状のなさです。

  
  つまり自覚症状がないため、真剣に改善策に取り組まない人が多いですね。
  また、どうして40年〜50年前より医学の進歩は目覚しい現在であるにもかかわらず、

  ガンの死亡率が上がっているのでしょうか?
  アメリカの調査(マクガバンリポート)によると現代病は「食源病」であるとの結論を出した。

  当然、日本でも近年は、飲食によりガンを誘発する等の発表をしたり、本などを出版している
  医師や研究者も多くなりましたので、ご参考にされることもお奨めです。
  

  進行して自覚症状がでてからでは、改善に多くの時間と多くの費用、周りの方々に
  なんらかの迷惑をお掛けするようになるのではないでしょうか?

  
  それだけで済む場合は、まだいい方で、自覚症状がなく突然くる血管の詰まる病気は
  最悪の場合、体に障害が残ったり、死に至ることにも有り得るからです。
   
(管理人の父は左半身不随で18年床に付いての生活で、その18年間、母が付き添って、
    父が亡くなった3年後に母が心筋梗塞で亡くなったのです)


 
  管理人の父も母もく突然くる自分の血管の詰まりを予測する事は出来ず亡くなったと思います。

  
  そんな思いから、このサイトをご覧頂いた方の頭の片隅に、ほんの少しでも残して頂く事が
  できて、ほんの少しでも実感して頂き、ほんの少しでも予防に関する心がけを実行して頂けたら
  最高の喜びです。


  
肥満による危険な合併症 (続)2へ


















 「PR」幸せな結婚のために・・・ 内職の仕事情報 まんが王国コミックを1話読むのにいくらかかる? 美容と健康の温泉選び
 
TOP     
Copyright (C) http://www.fukuai.com All Rights Reserved