C型肝炎情報


C型肝炎・90%感染
                                                                   漢方薬効果★  還元水も・・・?              









C型肝炎・東洋医学漢方・漢方

TOP 基本的に体の根本から・・・
サイトマップ
管理人の体験 
サイトメニュー
ダイエットに関するページこちらから
 肥満による危険性!!!
 便秘は病気の因子となるので注意!
 ガン治療に明るいニュース
 プチ更年期って?
 高血圧による病気予防にお役立ち
 費用を少なく安全に痩せたい!
 生活習慣病!原因の80%以上は?
 生活習慣病の原因
 食べ物と長生きの関係
 水道水・地下水(井戸水)汚染の現状
 水道水・地下水の汚染及び水質基準
 性病・若い世代に増加の危険
 還元水の威力
 水に関する嬉しいニュース
 よい還元水の条件
 水素水豊富がよい還元水
 活性水素水
 健康食品・飲料水市場と安全性
 アスベスト吸引が原因の癌
 環境により健康も左右される現実
 糖尿病の患者数と合併症の可能性
 やせすぎ女性危うい
 肥満病とダイエット過熱
 国民医療費 連続増加の実態
 認知症支援情報
 病院の重要掲示義務
 仕事・学校休まず通院・抗がん剤治療
親の介護アンケート・年金受給節税対策
 井戸水から発ガン性物質検出
 病気の誘引・原因・予防
 健康食品はよく選んで
 C型肝炎90%感染?
 コレステロール不足の危険性
 肥満から高脂血症への道
 脳卒中予防への効果
 痛風・急性膵炎・脂肪肝に注意の人
 改善体験
 C型肝炎・喘息 /糖尿病・その他
ガン・高血圧改善体験
 還元水・改善ニュース・テレビ放映他
プロフィール


         C型肝炎90%感染=薬害エイズ患者

             研究者の方々が調査


  薬害エイズの被害者の9割近くがHIV(エイズウイルス)とHCV(C型肝炎ウイルス)に重複感染し、
  1割余りが肝硬変や肝ガンを患っていることが2006年10月5日、HIV訴訟の原告団や研究者で

  
  
  作る調査委員会の報告で分かった。
  医療技術の進展でエイズは「死の病」でなくなりつつあるが、最近は肝疾患で亡くなる被害者が


  
  増え、重複感染の問題が深刻化。
  原告団は「悲劇を繰り返してはならない」と、肝炎の治療体制の充実を求めている。


  
  調査は2005年9月、連絡の取れる原告652人に調査票を送り、2006年1月までに257人が
  (39%)が回答。


 
  平均年齢は38才だった。
  報告書によると、血友病患者に投与された非加熱血液製剤にはHIVのほかHCVも混入し、


  
  重複感染が発生。重複感染者は回答者全体の88.3%に上がった。
  診断された症状(複数回答)は、慢性肝炎が64.3%、肝硬変が11.3%、食道静脈瘤が5.0%


  
  肝ガンが1.4%だった。
  年代が高くなるにつれ症状も重くなり、肝硬変は40代が14.8%、50代が23.1%肝ガンは



  40代が1.6%、50代が3.8%。
  治療については、最近一年で肝臓の専門医の診察を受けた人や、HCVを抑えるインターフェロンの


  治療経験者はいずれも5%台にとどまった。

          
               
 エイズ問題と、漢方薬の効果
 


   厚生省・エイズ研究班の初代班長だった安部英(あべ・たけし)帝京大教授(内科)が、
   近く医学専門誌で発表する。輸血に使った輸入血液製剤が感染源である公算が大きい。

   血液製剤は血友病患者が常用するほか、一般の人たちも大けがなどのときの輸血に使われる
   ことがあり、今後の患者発生を防ぐための国の早急な対応が求められている。



         漢方薬、エイズに効く★ 還元水も・・・???



  
グリチルリチン 副作用なし、増殖抑制

  AIDS(エイズ=後天性免疫不全症候群)ウイルスの研究を続けている山本直樹山口大医学部
  教授ら山口大、福島医大の研究グループは、慢性B型肝炎など肝臓病治療やジンマシン、


  アレルギー治療に使われる薬のグリチルリチンが、エイズウイルスの増殖抑制に効果があることを
  突き止めた。これまでAIDSの治療薬は種々発表され、試験管内だけでなく臨床的に有効な薬も


  報告されているが、その多くは、感染者は一生使い続けなければならず、副作用面で大きな障害と
  なっていた。グリチルリチンは漢方薬の1つ「甘草」の有効成分で副作用がなく、治療薬としての


  開発に大きな期待が持たれている。この研究は10月13日から福岡市で開かれる日本ウイルス
  学会総会で伊藤正彦福島医大助教授から発表される。


  同研究グループは、グリチルリチンが一部のウイルスに抗ウイルス効果を持つことが知られている
  ことからエイズウイルスに増殖抑制効果を持つかどうかを検討した。


  エイズウイルスと同じ科に属する成人T細胞白血病(ATL)ウイルス陽性細胞にエイズウイルスを
  感染させた後、種々の濃度のグリチルリチンを加え、エイズウイルスによる細胞破壊を計測した。


  その結果、グリチルリチンの濃度が培養液1ミリリットル中0.5ミリグラムで、エイズウイルスの
  細胞破壊は完全に抑制された。また、感染により細胞表面に出現するエイズウイルス抗原も


  同じ量で98%抑制に成功した。副作用もないことがわかった。なぜ、エイズウイルスの増殖が
  完全に抑制されるのか、今後の研究で突き止めたいとしている。
(読売新聞 1986/09/22)より抜粋
 
    

    ◆
メキシコの小さな田舎町トラコテの農家に湧きだす「奇跡の水」
      
当時は「奇跡の水」と言われ、(たけしのアンビリバボーで紹介)、後に
      九州大学・白畑教授が効能効果を究明した水
(水素水の豊富に含んだ水)で、

     エイズの治療にアメリカの有名な、元バスケット選手がエイズの治療に通っていたとも
     言われている。


     還元水の威力
   


 「PR」幸せな結婚のために・・・ 美容と健康の温泉選び 
TOP        
Copyright (C) http://www.fukuai.com All Rights Reserved