痩せるタイミング







痩せるタイミング

痩せるタイミングのヒントと重要性





痩せるタイミングを掴む

TOP カロリーよりホルモン
サイトマップ
管理人の体験 
サイトメニュー
ダイエットに関するページこちらから
 肥満による危険性!!!
 便秘は病気の因子となるので注意!
 ガン治療に明るいニュース
 プチ更年期って?
 高血圧による病気予防にお役立ち
 費用を少なく安全に痩せたい!
 生活習慣病!原因の80%以上は?
 生活習慣病の原因
 食べ物と長生きの関係
 水道水・地下水(井戸水)汚染の現状
 水道水・地下水の汚染及び水質基準
 性病・若い世代に増加の危険
 還元水の威力
 水に関する嬉しいニュース
 よい還元水の条件
 水素水豊富がよい還元水
 活性水素水
 健康食品・飲料水市場と安全性
 アスベスト吸引が原因の癌
 環境により健康も左右される現実
 糖尿病の患者数と合併症の可能性
 やせすぎ女性危うい
 肥満病とダイエット過熱
 国民医療費 連続増加の実態
 認知症支援情報
 病院の重要掲示義務
 仕事・学校休まず通院・抗がん剤治療
親の介護アンケート・年金受給節税対策
 井戸水から発ガン性物質検出
 病気の誘引・原因・予防
 健康食品はよく選んで
 C型肝炎90%感染?
 コレステロール不足の危険性
 肥満から高脂血症への道
 脳卒中予防への効果
 痛風・急性膵炎・脂肪肝に注意の人
 改善体験
 C型肝炎・喘息 /糖尿病・その他
ガン・高血圧改善体験
 還元水・改善ニュース・テレビ放映他
プロフィール

   痩せるタイミング”をつかんで体脂肪を落とす。

   ホルモンは女性のからだの美容液

   カロリーよりホルモン重視

   ダイエットをしようと考えるとき、私たちは食べ物のカロリーや、それが体内に入ると体脂肪が
   蓄えられるだろうということばかりに気をとられがちになります。

   確かに食物が胃や腸を通れば、一定の過程で消化・吸収や脂肪の合成などが進みます。
   しかし、複雑でデリケートなリズムをもつ女性のからだや心に目を向けることの方が、
   ダイエットにはよっぽと重要なことなのです。


   日によって著しく食欲が増したり、運動どころか立ち上がるのもおっくうという気分や
   体調の揺れ、これらはホルモンのしわざです。
   


   ホルモンはダイエットに関係あるのか?

   女性のからだはホルモンにコントロールされています。ホルモンは女性としての発育や
   生殖機能に大きな影響を与え、感情や行動までをも左右します。

   内分泌腺から分泌されるホルモンは、血液などによって必要とする細胞まで運ばれ、
   その細胞の機能を活性化したり抑制したりします。

   「食事制限や運動をしても痩せない」と悩んでいる人は、女性ホルモンの作用を
   うまく利用すれば、ダイエットに成功するはずです。



   



   女なら皆んながもっている、体重アップ「魔の1週間」

   ホルモンが体重を増やす!? 

   女性の生理のサイクルの中で、排卵後に分泌量が増えるのが
   プロゲステロンという女性ホルモンです。

   これはエストロゲンと同じように、妊娠に備えて子宮内膜を厚くしたりする
   働きがあるホルモンですが、分泌量が一定に達すると、体にむくみが生じます。

   排卵日から1週間後には、通常、むくみのために体重が1〜2キロほど増えます。
   この体重増加は、体内に少し余分な水分が蓄えられるためのものですから、もちろん、

   実質的に太る体脂肪が増加するわけではありません。




   体重が増えても気にしないこと。

   女性の場合は、ホルモンの働きで、食事やエクササイズの量などには無関係に、
   体重が増えるときがあるのです。そんな体重の増加を気にすることはありません。

   ダイエットに夢中になっていると、生理的な現象を「太った」のだと勘違いして、
   落ち込んでしまうことがあります。


   ダイエットをするときには、この女性特有の体重の増加を頭に入れておきましょう。


   


   Pポイント

   ダイエットは生理後に始めるとよい。

   ダイエット中に、ついつい乗ってしまうのが体重計ではないでしょうか?
   生理前1週間くらいにダイエットを開始すると、(生理的なむくみで)体重が増えていくのを

   毎朝確かめることになる場合も・・・。生理中に急に運動を開始するのもよくないので、
   生理のあとに始めましよう。


   「痩せ時期」にがんばれば、体重はグ〜ンと落ちる。

   低温期にスタート

   排卵後に分泌されるプロゲステロンは、体温を上昇させる作用を持っています。
   卵子が受精しないと、プロゲステロンは2週間ほどで分泌されなくなりますから、
   体温は少し下がります。


   これが生理のあとの「低温期」で、女性が快適に過ごせる期間です。
   この生理後の2週間こそが、もっとも体重が減りやすい「痩せ時」と言えます。

   体が余分なものを排出しようとする時期なので、なにもしなくても自然に体重が
   減りやすくなります。

   むくみ、イライラ、憂うつなども消え、まさにダイエットをスタートさせるには絶好の時期です。

   大好きなケーキやチョコレートをがまんしているのに効果が出ない、という女性は多いでしょう。
   しかし、体調も気分もいい「痩せ時期」に頑張れば、目に見える効果が出やすく、
   やる気も倍増するはずです。


   女性ホルモンを味方につけること。

   このように女性ホルモンはダイエットを成功させるうえでの心強い味方になります。
   でも、女性ホルモンはとってもデリケート。美しく健康的に痩せるためには、

   女性ホルモンが正常に働けるよう体調をととのえることも大切です。極端な食事制限などは
   正常な分泌を乱す原因にもなりますから、そんな無理なダイエットは避けるようにする事です。

   

   (続) 基礎体温でタイミングを
 
 「PR」幸せな結婚のために・・・ 出会い☆結婚相手 希望 占い☆相性 金運占い 美容と健康の温泉選び
TOP          
Copyright (C) http://www.fukuai.com All Rights Reserved